CODE

RailsアプリをGithubでソースコード管理するまでの手順まとめ

はてな

  • これから本格的にRailsのアプリを作っていきたいけど、ソースコードってどうやって管理すればいいの?
  • Githubって聞いたことあるけど一体何?

という方向けにGithubの使い方を解説していきます。

 

Gitとは?

Gitとは「ソースコードのバージョンを管理するツールのこと」です。
これを使うことによって、

ポイント

  • ファイルの変更履歴を残せるようになる
  • 複数人で同じファイルを修正しても問題なく更新できる
  • 修正後のファイルに問題が起こっても修正前のファイルに戻すことができる

と開発を進めていく上で便利な機能が揃っています。

 

Githubとは?

ではGithubとは何なのでしょうか?

簡単に言うとGitを使ったWebサービスです。
Gitはターミナルからコマンドを使って操作しますが、Githubではブラウザの画面から操作できます。

詳しくは本記事では割愛します。
「ふーん」って感じで大丈夫です。

 

個人のアプリ作成にGitを利用する意味はあるの?

先ほど、Gitを使うメリットで、複数人で開発がしやすくなる、というメリットをご紹介しましたが、
初心者の方が個人でWebアプリを開発するときにGitを導入する意味はあるのでしょうか?

はい、個人でもGitを利用することによって、

  • ソースコードをしっかりと管理できるようになる
  • Web開発企業で採用されているケースが多いので練習になる

といったメリットがあります。

 

Githubでアプリのソースコードを管理するリモートリポジトリを作成しよう

それでは、いよいよGithubを操作していきましょう。
まず、GithubはWebサービスなので、アカウントを作成してログインする必要があります。
下記のGithub公式URLからアカウントを作成してログインしてください。

https://github.com/

「New」をクリックしてリポジトリを作成していきます。

リポジトリとはソースコードを管理する箱のようなものです。

 

リポジトリの情報を入力していきます

  1. Repository name:作りたいアプリ名を入力してください
  2. privateを選択してください
    privateを選択することで、ソースコードを非公開にすることができます
  3. その他はデフォルトのままで大丈夫です
  4. Create Repositoryをクリックします

 

 

登録が完了できたら、以下の画面へ遷移します。
画面上部の「HTTPS」 「SSH」のボタンで、「HTTPS」を選択してください。

 

画面に表示されている「git ~~~」はgitのコマンドです。
後々使うので、こちらの画面は消さずに残しておいてください。

 

ソースコードをコミットしてみよう

ここまでで、準備が整いました。
ここからは自分のソースコードをGitで管理する手順を説明します。

 

ターミナルを開き、gitで管理したいソースコードがあるディレクトリへ移動

例)ホームディレクトリ/develop/test
にソースコードがある場合

 command
$cd ~/develop/test

今回は、例としてRailsのアプリがあるディレクトリとします。

 

こちらのディレクトリで先ほど、「Create Repository」した後に表示された画面のコマンドを打っていきます。

 

gitの初期設定を行う

 command
$git init

このコマンドを打つとソースコードをgitで管理できるようになります。
※Railsの場合は上記コマンドを打つ必要はないのですが、そうではない方はとりあえずコマンドを打っておきましょう

 

ソースファイルをステージングエリアに登録する

以下のコマンドを実行しましょう。

 command
$git add .

ソースコードは「コミット」することで、gitで管理できるようになります。
こちらのコマンドはソースコードをコミットする前の準備状態にするイメージです。

 

ソースコードをコミットする

以下のコマンドでソースコードをコミットします。
[-m]をつけることで、コメントをつけてコミットできるようになります。
コミットするときは、どのようにファイルを修正したのかわかるようにコメントをつけましょう

 command
$git commit -m "first commit"

 

git管理の状態を確認する

ここまででコミット処理が完了しました。
一旦ソースコードの状態を確認してみましょう。

$git status コマンドを実行して、
下記のようなメッセージが出れば、コミットが成功しています。

 command
$ git status
On branch master
nothing to commit, working tree clean

 

ソースコードをリモートリポジトリにアップロードする

コミットは完了しましたが、現状のままではソースコードはローカルのPC上で管理されているのみなので、複数人で共有できない状態です。

そこで、リモートリポジトリでソースコードを管理するようコマンドを実行します。
リモートリポジトリとは、Githubの画面で操作して作ったソースコードを管理する場所のことです。

 

リポジトリ作成後の画面で表示されたコマンドを実行しましょう

下記画面の、「$git remote ・・・」の部分です。
自分の画面で表示されているコマンドをコピペしてください

 

完了したら、最後に

 command
$git push -u origin master

を実行してください。

 

注意ポイント

この時エラーが発生する人へ

この時下記のようなエラーが発生する場合、

remote: Permission to <ユーザ名>/<リポジトリ名>.git denied to
fatal: unable to access ‘https://github.com/<ユーザ名>/<リポジトリ名>.git/‘: The requested URL returned error: 403

リモートリポジトリへpushする権限がないため、エラーとなっています。
下記の3のコマンドを実行しましょう。

ユーザ名、メールアドレス、リポジトリ名はご自身がGithubアカウントを作成した時に設定したものです。
適宜変更してください。

$git config --global user.name "[ユーザー名]"
$git config --global user.email [メールアドレス]
$git remote set-url origin https://[ユーザ名]@github.com/[ユーザ名]/[リポジトリ名].git

コマンドを実行したらサイド、下記のコマンドを実行しましょう。

 command
$git push -u origin master

以下のメッセージが表示されたらpush完了です。

$ git push -u origin master
Enumerating objects: 1817, done.
Counting objects: 100% (1817/1817), done.
Delta compression using up to 4 threads
Compressing objects: 100% (1796/1796), done.
Writing objects: 100% (1817/1817), 5.55 MiB | 754.00 KiB/s, done.
Total 1817 (delta 1078), reused 0 (delta 0)
remote: Resolving deltas: 100% (1078/1078), done.
To https://github.com/masogw/app_name.git
* [new branch] master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

 

Githubで作成したリポジトリのページへアクセスしてpushできているか確認してみましょう。

 

いかがだったでしょうか。
今回は手順を中心に説明しましたが、興味がある方はさらに深くGitについて学んでみてください。

-CODE

Copyright© MasanoriBlog , 2020 All Rights Reserved.