FREELANCE

フルリモートで働くと人生の課題と目的が見えてきた話

こんにちは、フリーランスエンジニアのMasaです。

フリーランス歴は、この記事を書いている2019年11月時点で1年半弱くらいです。
最初の一年くらいは、フリーランスとして働いていたものの、
月〜金で会社へ行って働いていました。

これは自分が求めている生活とは違う!!
と一念発起し、働いていた案件を辞めました。
今思えば中々思い切ったことをしたなと思います。。

今年の8月からご縁あって、お仕事を手伝わせていただき、
フルリモート働けるようになりました。

家でもカフェでも海外でも働ける状態を手に入れたわけです。

それにより「理想の生活を手に入れた!」と思いきや、
色々考えることがありました。

本記事では、そんな僕がフルリモートを3ヶ月間やってきて感じたこと、
そして、その中でこれからの人生について自分なりに本気で考えたので、
それを纏めようと思います。

なので目的は、

  • 自分の考えを纏めること

ということもありますが、

  • これからフリーランスを目指しているという人
  • フリーランスだけど常駐で働いており、現状に満足していないかも、、

という人へ何か伝わることがあれば嬉しいです。

幸せだけど、、モヤモヤしていたフルリモートで働き始めて3ヶ月目の自分

上でも書かせていただいた通り、どこでも働ける状態で、それなりに収入もある状態です。
めっちゃいい生活やん!
と人によっては思われるかもしれませんが、そんな僕がなぜモヤモヤしていたのか?

それは、これからの人生をどう選択していったらいいか決められていなかったからです。
今はありがたいことにリモートでできる仕事をいただいていますが、
当然今の案件も終わる時が来るわけで、それ以降の仕事は確定していない状態でした。

自分のエンジニアとしてのスキルレベルを考えてもこれから継続して、リモートの案件をもらえるのか?
これからスキルを伸ばしていく為にも、リモートにこだわると案件の数は狭まってしまうのではないか?
そうなると一旦常駐で働く方がいいのではないか?
でもまた前みたいな、通勤ラッシュの生活に戻ってしまうのか、、
などなど、ここでは書ききれないほどの考えが頭の中をグルグルグルグルめぐっていました。

考えがまとまらないのも当然で、
その時の僕は漠然と、

エンジニアとしてスキルを伸ばしたい

くらいの目標しか抱いていなかったのです。

色んな人からこう言われました。

スキルを伸ばすことは大事だけど、その先に何を目指しているの??

それに対して明確な答えを出すことができなかったのです。。

その結果、いやいや、人生の目的なんて行動していった先に決まるものでしょ!
と苦し紛れに答えていたのですが、それも自分と向き合うことから逃げていたのだということに、ある時気づきました。

目的が定まっておらず、とりあえずリモートをしたい!
というだけでは、人生の色々なタイミングで選択を迫られた時に曖昧な選択をし、
結果、後から後悔する、そう思ったんです。

自分と向き合うことから逃げ続けてきましたが、今回は人生の目的というものを本気で考えてみようと思いました。

人生の目的を見つける為にやったこと

自分がワクワクすることを書き出す→それがなぜなのかを書く→それを5回くりかえす。
よくあるやつです。例えば就活の時とかにやったことがある人もいるかもしれません。

僕は就活の時に、、やりませんでした。

  • エンジニアとして働ける会社
  • 福利厚生がしっかりしている会社
  • なんとなく大手企業の方がいい気がする

という基準で選びました。
その結果、入社3年目に目的を見失い退社しました。

退社後は、もっと稼ぎたいなぁ、
というまた曖昧な思いで、フリーランスエンジニアになり、
常駐で月曜日〜金曜日に会社へ行って仕事をする生活になりました。

その生活を一年ほど続けて、また、この現状は俺が目指していることと、なんか違う気がする、、
という状態になってしまったのです。

それもそのはず、

  • 目先のことしか考えていない
  • 悪いことは周りのせいにしてきた

からですね。なんともフラフラしたやつですね。

もうこんな思いをしたくない!
そう思い、今回は自分に向き合い、考えてみることにしました。

『結論』僕の人生のテーマ

やってみて見えてきた、僕が人生で大切にしたいことは、以下の3つでした。

  • 情熱(熱中すること)
  • 自由(余裕のある状態)
  • 貢献(自分のためだけに生きない)

もちろん人それぞれだと思います。

詳しく説明します

まず僕はITというもの自体にとてもワクワクします。そうIT大好きです。
日常の生活や、企業のシステムもITによって自動化され、便利になってきました。

便利になる→自由な時間が増える→その時間でまた別のことをする時間が生まれる。

このサイクルってなんてワクワクして素敵なんでしょう。
そしてエンジニアってこのサイクルを自分で生み出すことができるんです。
あぁなんて素敵なんでしょう。

自分が作ったシステムで世の中が便利になることにとてもやりがいを感じるけれども、
身近な人に感謝されることもとても良い、
具体的には、一緒に仕事をするパートナーや上司から感謝されることってとても嬉しい。
システム以外でもそうだけど、自分が良いと思ったものを提供して喜ばれることってとても素敵ですよね。

じゃあそもそもですが、なんで便利な生活にワクワクするんでしょうか?
それは不便な生活をすることで、

  • ストレスがたまること
  • 時間がかかってしまうこと

を改善したい、という気持ちがあるからだと思います。
僕は時間というのは人生の中でとても重要なもの、という思いが強いです。
さらに言うと不便な生活って精神面でもよくない。
時間と同じで、脳の意志力というのは有限です。
それをできるだけ節約するために、人間がする作業をシステムに任せたり、
そのシステムがストレスなく使えることってとても重要だと思います。

これらの思いは、人生をもっと豊かに生き生きと過ごす人が増えて欲しい、という思いにも繋がります。

ITで生活や仕事が自動化される→空き時間ができる(時間の余裕が生まれる)→別のことにチャレンジしよう、とか、大切な人との時間を作ろう

って人が増えると思うんです。
重要なキーワードが出てきました。「余裕」です。

余裕がなく追い詰められている状態だと、何もする気になりません。
語学を勉強しようとか、習い事を始めようとか、結婚を考えようとか、
「今は仕事が忙しいから、落ち着いてから始めよう。」
誰でも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

僕はあります。そうやって物事を先延ばしにして、自分で決めたことを守れず、自信が全く持てなかった時期があります。
しかし余裕が生まれると、行動を起こそうと思い、自己実現へ向かって自然と努力できると思うんです。

つまり、余裕がある人生って生き生きとして楽しい!

という結論になるわけです。
僕はフリーランスエンジニアになって、時間と精神的な余裕が生まれ、充実した毎日を過ごせるようになりました。

フリーランスのもう一つのメリットは、仕事にやりがいが生まれてきた、ということです。
どういうことかと言うと、フリーランスは自分で 仕事を取る必要がある反面、ある程度自由に仕事を選択できる、ということです。
そうなると、嫌な仕事はする必要はなくなります。

つまり、仕事へのモチベーションは自然と高まります。
毎日嫌な仕事に苦しめられなくなるということですね。

しかし、仕事の責任がダイレクトに自分にあることになります。
これも捉え方次第ですが、やりがい、と捉えるのか、大変、と捉えるのか
の違いになります。

僕は前者の考え方なので、仕事に面白みを感じるようになりました。
仕事を面白いと思うかどうかも自由になるわけです。

なので、フリーランスってあらゆることが自由であり、それは自分の考え方で決まる、
ということになります。
この思考って人生においてとても重要なことだと思います。

色々書きましたが、フリーランスエンジニアが必ずしも正解と言うわけではなく、
世の中の人がさらに生き生きと生活するために、ITとかフリーランスって考え方ってとても重要だなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事によって、少しでも考え方や行動が変わるきっかけとなれれば嬉しいです。

-FREELANCE

Copyright© MasanoriBlog , 2020 All Rights Reserved.